判断基準は「おもしろいかどうか?」

おもしろいソフトウェアを作るには無駄なものは省き
先駆者の猿真似をせず、何が根本の問題を解決し仕事を楽しむ。
少数精鋭でスピードを持ったクリエイティブなサービス。

そんなエンターテインメントをWEBで実現します。