今すぐ出来る!FaceBook広告で公式機能を使ってABテストを行う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Facebook広告を出稿していて必要になるのは、「A/Bテスト」ですよね

過去にA/Bテストは広告セットや広告クリエティブを切り替えたり同時にセットなど手動で行っていたかと思いますが

 

Facebookの純正機能でABテストが出来るようになりました!

 

一番のポイントは手動でABテストをした場合

日時などは同じような環境にすることは出来ますが

アルゴリズムを含んだユーザ選択などで同一条件にならない

と言う問題が解決するところでしょう!

 

※ただし、ABテストが実行可能なキャンペーンの目的は決まっています

ABテストが可能な目的

  • トラフィック
  • アプリのインストール
  • リード獲得
  • コンバージョン

FacebookでA/Bテストのやり方

キャンペーン作成から目的を選択する画面に「A/Bテストを作成」と言う項目があります。

チェックボックスをOnにするとキャンペーン名に「A/Bテスト – 」が先頭に付きますが好きな名前を設定出来るのは変わりません

テスト可能な項目

A/Bテストが可能な項目はこちらの3つです

  1. 配信の最適化
  2. ターゲット
  3. 配置

配信の最適化

 

配信の最適化では「最適化対象」と「入札額」をテスト出来ます。

コンバージョンを目指した場合とインプレッションを目指した場合でどちらの成績が良いかテストしたり出来ます。

ターゲット

ターゲットではオーディエンスのテストが出来ます。

保存済みのオーディエンスの中で比較をしたり

新しいオーディエンスをその場で作成して比較対象に出来ます。

カスタムオーディエンスの他に地域や性別で切り替えたり

詳細ターゲットを比較したりも出来ます。

配置

配置では自動配置や機器タイプなどを指定してテストが出来ます。

InstagramやAudienceNetworkを配信対象にした方が成績が良くなるとFacebook公式でアナウンスされていますが

実施予定のキャンペーンにも該当するのかなどをテストしたり出来ます。

A/Bテストの予算と期間

実際にキャンペーンを作った時にこちらが一番気になったポイント

予算と期間を設定するんですが

期間に対する予算の消化具合が書かれていないので「1日で設定予算を消化されたらどうしよう」と思っていましたがちゃんと

予算を期間で等分されるようになっていました。

1週間で7万予算設定だと1日1万消化されるということですね。

 

実際に使ってみた感想

どのような結果になるのか気になったので早速A/Bテストやってみました。

今回は出稿先として「Facebookのみ」と「全て」でどのように変化するかやってみました。

 

広告セットが2つに分かれるような形でこんな見た目になります。

  • 上に表示されているのがFacebookのみ
  • 下に表示されれいる広告セットが全て(Facebook,Instagram,Audience Network)

各広告セット毎に測定されるのでCTRやCPC・CV・CPAなどが見れる形ですね。

今回は予算を最低金額の92,444円で実行しましたのでAとBで46,222円で分割されて実行されました。

1日当たりの予算が約3500円で内部的に設定されていたようでテストAのBともに毎日3500円が消化されていました。

 

最終的には全ての配信がCPAで少し優勢になったのでそれ以降の広告セットでは全て配信にするようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す