Google検索サジェスト調査でユーザのニーズを知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
search

インターネットでの集客などを行っていくと広告を出稿するか検索エンジンからの流入か、この2択になっていくことが多いかと思います。

広告費は一時的に流入は増えますが広告を止めると流入が止まってしまうので、一定の効果が出ていれば施策後は少ないコストで維持出来る検索エンジンから流入をやられる方が多いかと思います。

そして検索エンジンからの流入を増やして行くには、「SEO」そして「ユーザのニーズを知る」という作業は欠かせません

SEO(Search Engine Optimization)とは

検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英: Search Engine Optimization, SEO、サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)とは、検索結果において、ウェブページをより高い順位に表示させることを目的として行う取り組みのこと。

引用元:Wikipedia

SEOと言われると裏技的なものを期待する方も多いかもしれませんが現在のGoogle検索エンジンに対しては裏技的なものはほぼ通用しなくなっています。

Googleの方もずっと言われているのは検索エンジンの事を考えるのではなくユーザの事をユーザのニーズに合うコンテンツを作り込みましょうという時代になってきていると言えます。

そこでどうやってユーザーのニーズを調べればいいのか?と言う段階になってサジェストを見ることが必要になってきます。

サジェストとは?

サジェスト(Suggest)=提案する

実際にGoogle検索を使ってみればよく分かりますし、日頃から検索している方はすぐに分かるかと思いますが

検索窓に何らかの入力をした時に下へ関連する言葉が表示されませんか?それがサジェストです。

今回のテストでは「楽天」と入力しましたがその下には「楽天トラベル」「楽天カード」などが出ました

google検索

これを見ただけで「楽天」と検索キーワードを入力した人が何を知りたいのかが少しわかりましたね

多くの方は「楽天トラベル」や「楽天カード」などの楽天が展開するサービスに関する情報もしくはサイトが開きたいようですね

楽天と言えば楽天市場じゃないの!?と思われる人もいるかもしれませんがそこは楽天と入力した時点で楽天市場が1位に表示されているのでそれ以上はキーワードを入力しないのかもしれません。

もうちょっと細かく調査する

キーワードに繋がっているサジェストがこれで分かったと思います、しかし実際に検索する時はもうちょっと自分のSEO的に知りたい情報に一致したものが欲しいですよね

楽天市場をでモール運用している方でしたら「楽天 食品」や「楽天 送料」に関連するキーワードを集めてユーザニーズを知りたいなんてありませんか?

※食品ランキングでしたら楽天が提供しているランキングを見たほうが早いかもしれませんが・・・

そんな時は「楽天 食品」と入力してみましょう。

google検索

1番目が「楽天 食品 ランキング」だったのは予想通りですが2番目に「楽天 食品サンプル」や3番目「楽天 食品 福袋」と出るのはちょっと意外でしたね

あまり「楽天 食品」と検索する人はいなくて「楽天 カレー」「楽天 ラーメン」とか具体的なので、だから食品サンプルと言うちょっとニッチなのが上位になるのかもしれませんね。

こうやってサジェストを見てみるとユーザーが何を知りたいのかを考えることが出来ると思います

一つずつサジェストを見るのは途方も無い労力になるのでそんな方のためにツールが存在します。

サジェスト

kouho.jp

こちらはキーワードを入力すると各「あ-ん」「a-z」「0-9」までの全ての関連するサジェストを表示してくれます。

実際に「楽天」で検索したのがこちら

サジェスト2

画面ではただの「楽天」に関連するキーワードだけみたいになっていますがまだまだ下にデータが入っており大体少なくても500個、多くて800個ぐらいは出てきます。

全てを見るのは大変!と思うかもしれませんがそこを見ていくことでニーズを知ることになりますので頑張って見ていきましょう

まとめ

サイト運営をされている方ではサジェストを見るのは普通になっていますが利用する側だった方はなかなか意識することは無いかと思います

サジェストでユーザーニーズを知ることが出来ればコンテンツや商品の検討にも使えるのでは無いでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す