AmazonでFBA活用中の店舗様必見!FBA料金改定について!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!
サイバーレコードのサカグチです。
すでにご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、2019年2月にAmazonのFBA料金が改定されます。
2018年にも一度FBAの手数料が改定され、FBAを利用されている店舗様にとっては「また改定!?」と思われている方もいるのではないでしょうか。
今回は改定内容についてわかりやすく説明していきます。
これからFBA導入を検討されている方も必見です。

FBAとはなんぞや?という方は下記ブログを読んでみてください。

Amazon出店で必須となるFBAをマスターしよう

FBAの手数料改定

FBAの手数料は大きく2つに分けられます。
出荷・梱包・配送に対する「配送代行手数料」と、商品の保管・管理するための「在庫保管手数料」
です。さらに「在庫保管手数料」に加え「長期在庫保管手数料」というものがあります。

今回の料金改定では「配送代行手数料」「在庫保管手数料」「長期在庫保管手数料」の3つが変更されます。各手数料がどのように変更されたか詳しく説明していきます。

1.FBA配送代行手数料

FBA配送代行手数料-2019年2月21日出荷分から適用
FBAのサイズ区分を業界標準に沿って変更いたします。サイズ区分は、梱包を含む商品の
長さ、幅、高さの合計値およびサイズ帯ごとに規定された重量しきい値によって、
小型、標準、大型サイズのいずれかのサイズ帯に区分されます。さらにサイズ区分ごとに規定された寸法しきい値により、異なるFBA配送代行手数料が適用されます。

どうやらサイズ区分が現行より細分化されるようです。
価格が45,000円以上の高額商品に対するFBA手数料の免除も廃止します。

現行料金体系のものはこちらです。

現行料金体系の場合、大型商品の区分はありますが、小型・標準サイズは一律料金でした。


これが新料金体制にかわると、標準サイズと大型サイズの区分が細分化されています。
現行料金と比較すると、標準サイズの手数料が最大で130円もアップしています。

2.在庫保管手数料

在庫保管手数料-2019年2月1日在庫分から適用
小型/標準サイズ商品と大型商品に異なる在庫保管手数料を適用します。
1月~9月の小型/標準サイズ商品の在庫保管手数料を35%、大型商品の在庫保管手数料を45%引き下げます。また、10月~12月における大型商品の在庫保管手数料を15%引き下げます。

現行料金体系のものはこちらです。

在庫保管手数料はこれまで、商品サイズ区分に関係なく一律でした。

新料金体系では、「小型・標準」と「大型」と手数料が分けられました。
これだけでも大きな変化ですが、よくよく見ると、月額基準金額が値下げされています!

改定というと、手数料の値上げを想像してしまいますが、
在庫保管手数料に関しては値下げされているので、心配はなさそうです。

3.長期在庫保管手数料

長期在庫保管手数料-2019年2月15日在庫分から適用
保管期間が365日以内の在庫について、長期在庫保管手数料を廃止します。2019年2月15日においても手数料は発生しません。保管期間が365日を超える在庫については、従来通り2月15日に長期在庫保管手数料を請求いたします。
2019年8月15日以降、保管期間が365日を超える在庫について、長期在庫保管手数料の請求頻度を年2回から毎月に変更します。1回の請求額は従来の10分の1程度となります。また、商品1点あたり月額10円の「最低長期在庫保管手数料」を導入し、長期在庫保管手数料または最低長期在庫保管手数料のうち、どちらか高いほうが適用されます。

長期在庫保管手数料といえば、毎年2月と8月に発生する手数料でお馴染みですね。
FBA倉庫に6ヶ月以上保管されている商品に対して、在庫保管手数料とは別に請求される手数料です。

現行料金体系のものはこちらです。

新料金体系では何がかわったのでしょうか。

手数料が下がり、在庫チェックが年2回から月1回になりました。
さらに6ヶ月以上保管されている在庫が対象でしたが、365日超過保管在庫が対象に変更されています。
ということは、長期在庫保管手数料は下がったのでは?と思いますよね。

金額だけ見ると値下がりしたように見えますが、請求回数が増えるので実質値上げになります。

さらに今までなかった「最低長期在庫保管手数料」というものが発生するようです。
「最低長期在庫保管手数料」は、商品1点あたり月額10円の手数料になります。
「長期在庫保管手数料」と比較して金額の高いほうが請求されます。
※2019年2月15日に旧料金の長期在庫保管手数料が請求される。
※2019年8月15日以降から新料金が適用される。

まとめ

トータルで見ると、料金改定によって手数料が全体的に値上がりしてしまいます。
すでにFBAを利用されている方にとっては、出品価格や対象商品の見直しが必要になってきます。

また、新料金体系の導入時期も手数料毎に異なるので注意が必要になってきます。
・FBA配送手数料は2月21日出荷分から適用
・在庫保管手数料は2月1日在庫分から適用
・長期在庫保管手数料は2月15日在庫分から適用

手数料が上がるのは厳しいですが、Amazonでの販売においてFBAは欠かせないサービスなので対策を立て上手に活用しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。