まだまだ増やせる!Amazonトラフィック施策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アマゾンアイキャッチ

こんばんは、フェアリーふくだです。

弊社では、Amazonのトラフィック施策としてスポンサープロダクト、SEO対策、FBAについてお伝えしてきましたが、

全部やってるし、もう後はやることない!!という方もいらっしゃるかと思います。

しかし、まだトラフィックを増加させる方法はあります。
今回は「カテゴリ特集」への表示方法をお教えします。
 

 

1.カテゴリ特集とは?

Amazonでは検索からの商品ページ流入がほとんどですが、
実は最近「カテゴリ特集」からの流入も増えております。
カテゴリ特集とは母の日や父の日、お中元や敬老の日など特集ページのことです。
Amazonトップページのスライダーで画像がまわっているのを見たことがあると思いますが、
まさしくそれですw

カテゴリ特集とは

2.カテゴリ特集のはどこからの流入か?

特集ページへの流入経路はAmazonトップページやAmazonが配信している
E-mailなどからたくさん入ります。

カテゴリ特集のはどこからの流入か

3.どうしたらカテゴリ特集へ掲載ができるのか?

セラーセントラル>パフォーマンス>Amazon出品大学>季節や行事で売上を伸ばそう>季節や行事で売上を伸ばそう
よりご確認ください。今でしたら「敬老の日特集」への参加が可能です。
ただし、参加条件については対象カテゴリーや対象商品が決まっているので注意してください。

どうしたらカテゴリ特集へ掲載ができるのか

このとき、いかに商品ページの情報を充実させているかが
転換率を上げる重要なポイントとなりますので、下記をもう一度見直してください。
「商品名」「ブラウズノード」「商品説明の箇条書き」「商品紹介コンテンツ」「商品詳細」

「特集ページ」には限られた店舗だけが掲載できると思っているいる方も多くいらっしゃるかと思いますが、
「特集ストアのご案内」を定期的に確認することでマッチするカテゴリでしたら掲載ができます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す