楽天でたった1度のメルマガで300万円の売上を作る方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
楽天でたった1度のメルマガで300万円の売上を作る方法

こんにちは。
BOSS@mappiです。

 

今回は「売上が足らない」「年間予算達成できない」と悩んでいる店長様に朗報です。
タイトルにもあるようにたった1度のメルマガでさくっと売上を作る方法が存在するのです。

 

ただし条件がございます。

 

顧客リスト:1万件以上
メルマガ割引率:50%以上
リピート率:50%以上

 

の店舗様に限ります。

 

いやいや、絶対に無理ですね。

顧客リストの1万件はクリアできても割引率50%以上だと楽天マージンと人件費入れると赤字になるしそもそもリピート率50%以上の商品なんてあったら苦労しないわ!という話ですよね。
仰る通りです。

ですがこれはあくまでもLTVでの話です。
2年間かけて回収していくという施策になります。

まだこの段階ではやらない理由の方が多いと思いますが、このBLOGを読み終わってる時はやらない理由はないという感じにんかっていると思います。

 

店舗カルテであなたの店舗のお客様を分析してみよう!

 

あなたの店舗のお客様は初回から2回目に上がる段階で何%リピートしていて、2回目から3回目には何%あがるかは把握していますか?
これは RMSメインメニュー>R-Datatool>店舗カルテトップ>購入している顧客は?からわかります。

こんな感じです。

 

購入している顧客は?

 

この店舗様だと初回から2回目に16.81%の割合であがって3回目のお客様は初回に対して11.13%という割合になります。
4回目は8.08%、5回目は6.77%という具合に初回に対しての割合なので下がっていくのが普通です。

 

しかしこれを下の回(2回目の場合は初回、3回目に対しては2回目)に対しての割合に治すと

初回に対して2回目は49.1%
2回目に対して3回目は58.1%
3回目に対して4回目は62.6%
4回目に対して5回目は62.9%

という風に上がっていくことになります。
ネット通販あるあるなんですが2回目以上のお客様は上の回数に行くほどリピート率が上がっていく、尚且つ2回目以上はリピート率が50%以上になるという法則があるのです。

 

簡単な言葉に治すと「1回しか買ったことがないお客様を2回目買わせると、3回目以上は勝手に50%以上のリピートをしてくれる」という事になります。
なので1回のお客様をいかに2回目買わせるかが大事なってきます。

 

ここで2回目さえ買わせることができたら売上は自然とついてきます。

 

実際にどうやって買ってもらう施策について

待っておいても1回目のお客様は2回目買ってくれないのでメルマガを使います。

 

メルマガで1回目のお客様限定で店内50%OFFのクーポンを配ります。
楽天のメルマガ配信で顧客はセグメントできるので1回目のお客様以上にセグメントし50%OFFクーポンをつけて配るのです。

 

必要な数値は下記です。

■売上データ(楽天RMSより抽出)
・購入回数
・人数(人)
・売上(円)

■店舗データ
・商品原価(%)
・メルマガ割引(%)
・メルマガCV(%)
・メルマガ購入平均客単価(円)
・メルマガ送付初回購入者人数(人)

 

となります。
そちらをが下記となります。

試算したエクセル

 

この店舗様だと下記条件となります。

・商品原価(%):50%
・メルマガ割引(%):50%
・メルマガCV(%):3%
・メルマガ購入平均客単価(円):¥3,500
・メルマガ送付初回購入者人数(人):9,450

 

この条件でメルマガを出したときメルマガ経由では¥-84,341の赤字になっていますが
こちらを2年間のLTVでみると¥3,242,389円の売上がついています。

 

しかもこれの凄いところはこのメルマガ一度きりじゃなく毎月送ってもいいですし、3ヶ月おきにおくってもいいということです。
そうすることによって売上の最大化ができます。
この施策を毎月送っている店舗様と1度も行ったことのない店舗様では年間1,000万以上の売上が変わってくることもあります。

 

広告で1,000万以上売上を作ろうと思ったら大変ですよね?
それはメルマガ1通で作れるのですからやらない手はないと思います。

 

さらに!いまななこのちょっとややこしい施策、分析をサイレコでは無料で行っております。
下の無料診断から是非、お問い合わせくださいませ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す