楽天市場/商品転換率を上げる3つのテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
楽天市場店商品転換率を上げるテクニックの画像

この記事では楽天市場店で商品転換率を上げる3つのテクニックをご紹介します。

楽天市場店の商品ページはスマホも意識する

楽天市場店商品転換率を上げるテクニックスマホの画像
今やスマホ全盛期。「スマホ」をないがしろにできないどころか、最優先に考える時代です。

何も商品ページに限った話ではありませんが、この記事では「商品転換率」をテーマにしておりますので、ここでは「商品ページ」でのスマホ施策についてお話しさせて頂きます。

※その他のスマホテクニックについてはこちらをご覧ください。
楽天市場のスマホで勝つための3つのマストテクニック

商品画像で使用するフォントは大きく配置

楽天市場店商品転換率を上げるテクニックの画像

たとえばこのような画像

PCで閲覧すれば問題なく文字は読めますが、スマホだとどうでしょう?おそらく読めないか、読めたとしてもかなり目を細める必要があります。

商品ページ内の文字は基本流し読みされますが、読める(読みやすい)文字の大きさでないと、いざユーザーが読もうとした時に大きなストレスとなってしまいます。

これが元で、商品ページから離脱される可能性もありますので、「スマホでも読める文字の大きさの商品ページ」が今後必要不可欠です。

ではここで、具体的な対策を2つご紹介します。

 

PC用とスマホ用で商品ページをデザインする

PC用とスマホ用、合わせて2種類の商品画像を作成し、それぞれに設定する方法です。手間がかかるデメリットはありますが、看板商品にはこの施策を行う価値は十分あるでしょう。

また、スマホでの売上が伸び悩んでいる商品等にも、売上減少の打開策になる場合もあります。

 

スマホありきで商品ページを作成し、それをPC商品ページでも使用する

続いてご紹介する施策は、そもそもPC優先で商品ページを作成するのではなく「スマホページ優先」で商品ページを作成し、それをPCページでも使用する方法です。

メリットは1種類のデザイン作成でスマホでも読みやすい商品ページが完成します。デメリットはPCで閲覧した場合に少し不格好な、文字が大きすぎる商品ページになってしまいます。

ただこれは店舗次第ではかなり効果的な方法で、例えばPCとスマホの売上構成比が「1:9」等、極端にスマホの売上が高い店舗だったり、スマホのアクセス数がPCを大きく上回っている場合はスマホ優先での商品ページ作成が有効だと思います。

今までの傾向や固定概念で、どうしてもPC用の商品ページを優先してしまいがちですが、今一度スマホページについて見つめなおされてはいかがですか。

 

ユーザーメリットは可能な限り設定する

ユーザーメリットは大いにこした事はないです。ただし、ここでのユーザーメリットは「高級食材をふんだんに使った贅沢な1品が特別価格で」や「TV放送で大反響!今話題の〇〇〇を数量限定で入荷!」などのユーザーベネフィットではなく、単純に楽天RMSで設定可能なユーザーメリット「送料無料」「あす楽」「楽天プレミアム」の事を指しています。
この設定なら、高級食材を仕入れる事に比べればかなり敷居は下がりますし、その割に商品の魅力はかなり向上するので効果的な方法の1つです。

 

送料無料は全商品に設定したい

楽天市場店商品転換率を上げるテクニック送料無料の画像

特に「送料無料」は店舗側が思っている以上にユーザーは重要視しています。できれば全商品に送料無料を設定してしたいところです。「全商品送料無料の店舗」なら、ユーザーが「ほしいけど送料が・・・」なんてことはなくなります。

 

あす楽を可能な限り運用

楽天市場店商品転換率を上げるテクニックあす楽の画像
可能であればあす楽の運用もおすすめします。あす楽出荷地域も個別に設定できますので、「配送スピード」を見込み客を根こそぎ刈り取りましょう。

 

楽天プレミアム・楽天学割の設定も忘れずに

楽天市場店商品転換率を上げるテクニック楽天プレミアムの画像
楽天プレミアム」「楽天学割」は楽天が提供する会員プログラムです。

 

楽天プレミアムについて

ユーザー特典

  • 年会費:3,900円(税込)
  • 送料有料商品に対し、送料分相当額(最大500ポイントまで)をポイントバックで還元
  • 送料無料商品に対し、通常付与される1%分に加え、更に+1%(最大500ポイントまで)の楽天スーパーポイントを還元
  • 会員限定の特典と割引など

発生するコスト

  • 対象購入及び料金:プレミアムユーザの2,000円(税込)以上購入につき100円(税抜)
  • 対象店舗:楽天特別会員プログラム参加店舗(楽天プレミアム、楽天学割)
  • 利用料負担開始日:2016年9月9日

 

楽天学割について

ユーザ特典

  • 年会費:0円
  • 参加店舗で利用可能な送料無料クーポン(年24回分)
  • 会員限定の特典と割引 など

発生するコスト

  • 楽天学割送料無料クーポン利用時の送料コスト[50%]のみ

 

これら3つの施策は+αの効果あり

上記3つはユーザーメリットでありつつ、楽天市場店で+αの効果があります。詳しく知りたい方はコチラの記事をどうぞ。

 

商品ページにリンクを貼りすぎない

「こちらの商品もオススメです」等、別ページのリンクを貼る場合もあると思います。もちろん必要な場合はリンクを設置しなければなりませんが、過度なリンクの貼りすぎには注意して下さい。

たとえリンクを貼った事により回遊性が上がったとしても、そのページを離脱した事に変わりはないですから、結果コンバージョンを落とす可能性もあります。

そもそも大半の商品ページの目的は「買い物カートのボタンを押させる事」であり、回遊性を上げる事が目的ではないはずです。

回遊性向上の施策はヘッダーやレフナビのバナーだったり、カテゴリページで行うべきです。「二兎を追う者は一兎をも得ず」。商品ページで「回遊性」と「コンバージョン」を同時に求める事は矛盾していると思います。

商品ページではあくまでカートのボタンを押してもらう事に注力して下さい。

 

楽天市場店で商品転換率を上げる3つのテクニック/まとめ

「最近楽天市場での売上が思わしくない」そう思われてる方は多いと思います。時代は「スマホ」がほぼ主流になり、楽天ユーザーの傾向も変わってきております。

過去のやり方では通用しなくなっていますので、店舗の運営を見つめ直し、改善できるポイントや実施できる施策は積極的に取り組み、店舗の売上を底上げしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。