EC運用代行におすすめの会社10選!相場や選び方のポイントを徹底解説

EC運用代行におすすめの会社10選

ECサイトの運営を始めてみたものの、売上が上がらなかったり、管理が追いつかないなどの悩みを抱えている人もいるでしょう。

そこでおすすめな手段が「EC運用代行」を利用することです。

EC運用代行とは、ECサイトの一部もしくは全般を、その道に精通したプロに委託できるサービスです。

本記事では、EC運用代行におすすめの会社にくわえ、料金相場や選び方も解説します。

これからECサイトの運営を始めたいという人にもおすすめできるサービスなので、ぜひ参考にしてください。

目次

EC運用代行の種類

EC運用代行の種類

EC運用代行には以下の4つの種類があり、それぞれが異なる特徴を持っています。

  • 総合支援型
  • 運営特化型
  • 細分作業型
  • 作業処理特化型

運用代行会社を探す前に、まずは自社に適したタイプが何型なのかを把握しておきましょう。

総合支援型

総合支援型は、ECサイトの運営に必須となる、サイトの制作・運営・商品管理・物流などの一連の流れを満遍なくサポートしてくれます。

また、集客や接客なども代行してくれるため、SNS発信などのプロモーションも任せたい企業におすすめです。

ほぼ全ての業務を一任できることから、料金は高額になりますが、ECサイト運営のリソースを確保したい企業や、ノウハウをゼロから蓄積したい人と相性が良いでしょう。

運営特化型

運営特化型は、Amazonや楽天などのモール型と言われるタイプのEC運用代行に特化しています。

4種類の中で最も戦略性が高い運用代行を提供しています。

ハイレベルなサポートや、施策提案力も優れているケースが多く、売上の向上を主な目的としている企業におすすめです。

細分作業型

細分作業型は「商品の画像撮影」「商品登録」「受注処理」「発送作業」など、自社で対応しきれていない特定の業務のみを委託したいときに活用できます。

契約期間が1ヶ月からだったり、受注処理1件何円だったりと、柔軟な利用が可能なため、繁忙期やスタッフ不足のスポット依頼も可能な運用代行会社が多いです。

また、運用代行会社だけでなくフリーランスも多いので、他の種類よりも比較的安価に依頼することができます。

作業処理特化型

作業処理特化型は、スピード重視で数を積み上げることに特化しています。

費用は比較的安価で依頼できるため、ECサイト運営が軌道に乗ってきた企業と相性が良いです。

しかし、質よりも量の傾向があり、戦略性も低いため、ECサイト運営のノウハウ提供やサポートを総括的に受けることは難しいでしょう。

総合支援型でおすすめのEC運用代行会社3選

一連のサービスを代行できる総合支援型でおすすめのEC運用代行会社は、以下の3社です。

  • アートトレーディング株式会社
  • GMOメイクショップ株式会社
  • 株式会社 いつも

アートトレーディング株式会社

アートトレーディング株式会社は、EC運用代行暦15年以上、これまでの取引数は200社以上と、確かな実績と信頼を地盤に築いている会社です。

運営継続率は90%以上あり、これまでの積み重ねてきたノウハウを施策提案・実施に惜しみなく提供します。

月額料金30万円〜
契約期間6ヶ月

商品登録や撮影を始め、メールマガジンやLPの制作、アクセス解析や改善提案などのコンサルティングなど、幅広い業務に精通しています。

専属のチームによる各分野の徹底的なフォローとサービスにより、顧客の目標に向かって確かな運用代行を行うため、安心して任せられるでしょう。

GMOメイクショップ株式会社

GMOメイクショップ株式会社は、GMOグループが運営するEC運用代行会社です。

11,000店以上の導入実績があり、年間総流通額では11年連続で業界1位を獲得しています。

海外の購入者向けに越境EC機能があり、SNSインフルエンサーを活用したプロモーションを仕掛けられるなど、GMOという大手企業ならではの手法も充実しています。

月額料金成果報酬型
契約期間要問い合わせ

成果報酬型なので、コストの大幅な削減が可能です。

ただし、完全成果報酬型で利用するには、売上規模や事前審査などが必要になり、場合によっては初期構築費用や固定費がかかるケースがあるので注意してください。

株式会社 いつも.

株式会社いつも.は、創業17年で契約案件数12,000件以上の実績があるEC運用代行会社です。

自社サイトや楽天市場など、ECサイトのプラットフォーム別に最適な戦略を提供します。

月額料金要問い合わせ
契約期間要問い合わせ

料金や期間は問い合わせ必須ですが、1年ほど継続する会社が多いため3〜6ヶ月の契約期間でしょう。

対応サービスは総合支援型のため幅広く、課題に合わせて複数のサービスを柔軟にカスタマイズしたプランにすることができます。

運営特化型でおすすめのEC運用代行会社3選

モール型ECサイトの運用に特化した、おすすめのEC運用代行会社は以下の3社です。

  • 株式会社サイバーレコード
  • サヴァリ株式会社
  • 株式会社飛躍

株式会社サイバーレコード

当社は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングの運用代行に特化した会社です。

これまでに大手上場企業など累計400社を超えるECサイト運営を支援し、最長継続期間は12年、契約継続率92%と豊富な実績があるため、圧倒的な信頼性を提供します。

各ECサイト・モール型のスペシャリスト集団が在籍し、最適化・効率化された戦略や対策、運用を行います。

月額料金100,000円〜(楽天市場・Yahoo!ショッピング)
契約期間1年

Amazonの運用代行は、事業内容や規模によってご支援する内容が変わるため、月額料金や具体的なサービス内容は問い合わせが必要です(法人のみ)。

EC運用に関する疑問や質問は、どんなことでも誠心誠意回答するため、遠慮なくお問合せください。

サヴァリ株式会社

サヴァリ株式会社は、これまでに3,000社以上の運用実績があり、2021年12月の平均売上アップ率で240%を達成した会社です。

元大手ECモールやネットショップ店長を経験したスタッフの在籍数は業界随一で、ECサイトのノウハウを熟知しています。

月額料金300,000円〜
契約期間1年

顧客の状況や予算に合わせたサービスをオーダーメイドで提案するため、正確な料金は問い合わせが必要です。

株式会社飛躍

株式会社飛躍は、アメリカやヨーロッパなどへの越境ECを得意とする、Shopifyに特化した運用代行会社です。

小規模から大規模の開発やアプリ開発など幅広くサービス展開しています。

月額料金要問い合わせ
契約期間要問い合わせ

運用代行以外にも、コンサルティングに力を入れており、常に顧客と情報を共有して運営についてレクチャーしてくれます。

ノウハウを蓄積したい企業と相性の良い会社です。

細部作業型でおすすめのEC運用代行会社2選

スポット依頼や部分委託ができる細部作業型でおすすめなEC運用代行会社を2社紹介します。

  • 株式会社idiom
  • 株式会社U -turn

株式会社idiom

株式会社idiomは、EC運営業務をまるごと委託できるだけでなく、1ヶ月や年末・盆の繁忙期だけなどのスポット依頼も可能な運用代行会社です。

Amazonや楽天市場以外にも、BASEやSTORESなどのネットショップにも精通し、越境ECにも対応しています。

月額料金完全成果報酬型 5%〜
契約期間スポット依頼可

完全成果報酬型なので、赤字のリスクなく契約可能です。

固定費用での契約もでき、契約更新費用もかからないため、自社の状況によって適切なサポートを提供してくれます。

株式会社U-turn

株式会社U-turnは、EC運営での売上が500万円以下の企業におすすめです。

運営業務の一連を依頼することはもちろん、LP制作や受注代行などの一部を委託することも可能です。

月額料金一連業務委託:完全成果報酬型 5%〜20%一部業務委託:作業内容により異なる(例.商品登録 500円/1商品)
契約期間一連業務委託:6〜12ヶ月一部業務委託:作業内容により異なる

質と量を兼ね備えた作業処理特化型ともいえるため、短期的でも長期的の利用でもおすすめできます。

サポートが豊富に受けられるEC運用代行会社2選

豊富なサービスを提供しているEC運用代行会社を2社紹介します。

  • 株式会社302
  • NE株式会社

株式会社302

株式会社が運営する「EC-UROYA」では、顧客の目的に応じたプランが用意されているため、自社に合う最適なサービスを受けられます。

楽天市場で年間5億円を売り上げた、経験豊富なスタッフからしっかりサポートを受けられて、費用も他社と比較して割安です。

月額料金月額固定型+成果報酬型(50.000円〜)
契約期間1年間

プランにもよりますが、固定報酬型と成果報酬型とで選べます。

できるだけ毎日コミュニケーションを取ることを心がけ、場合によっては対面での面談も対応しているため、直接サポートを受けたい企業におすすめです。

Hamee株式会社

Hamee株式会社はEC運用代行だけでなく、コンサルティングや部分委託、EC構築など、さまざまなサービスを提供しています。

運用代行は大手企業の実績もあり、分かりやすい料金体系であることが特徴です。

月額料金10万円〜
契約期間1ヶ月

ECコンサルを利用する場合は、サイト解析・施策提案・相談・レポート作成を無料でお試しすることができるので、自社に合うか確かめてから契約したい場合におすすめです。

EC運用代行の3つの料金体系と相場

EC運用代行会社には3つの料金体系があります。

費用は会社によって異なるため、おおよその相場も合わせて紹介します。

EC運用代行会社を選ぶ際の参考にしてください。

  • 成果報酬型
  • 月額固定型
  • 複合型

成果報酬型

成果報酬型は、ECの売上に対して定められた割合の金額を支払うタイプです。

毎月かかるランニングコストが発生せず、赤字のリスクなくEC運用代行を利用できます。

ただし、売上が増加するほど費用もかさむため、ECの売れ行きが良いと月額固定型よりも高くなる可能性があります。

成果報酬型の相場は、10%〜20%です。

月額固定型

月額固定型は、毎月一定の金額を支払うタイプの料金体系で、EC運用代行会社によって大きく異なります。

ECの売上の増減があっても月額料金は変わらないため、予算計画が立てやすく、売れ行きが良い場合はお得になりやすいです。

その反面、成果が出ていなくても料金を支払わなければならないため、実績やサービス面で信用できる会社を選択することをおすすめします。

月額固定型の相場は、完全委託の場合は20〜80万円、一部委託の場合は数千円〜5万円です。

複合型

複合型は、成果報酬型と月額固定型が一体型になっているタイプです。

サービスが豊富にあったり、オーダーメイドでプランを組めるケースが多いため、バランスの良い料金体系になります。

売上によっては成果報酬額が高額になる可能性があるため、自社ECの予算と売上見込みをしっかりと把握している場合は利便性が良いでしょう。

複合型の相場は、月額固定型が5〜10万円、成果報酬型が5〜15%です。

EC運用代行を依頼する5つのメリット

EC運用代行を依頼すると5つのメリットが得られます。

  • 効率的な運営が可能に
  • リソースの確保ができる
  • コストを抑えられる
  • 業務の属人化を防げる
  • 部分委託もできるから個人も利用しやすい

効率的な運営が可能に

EC運用代行を利用すると、EC運営経験があったり、すでに多くのEC店舗で実績を出したりしているスタッフが代行してくれます。

したがって、自社にEC運営のノウハウや知識を持ったスタッフがいなくても、短い期間で成果を上げることが可能となるのです。

自社スタッフは製品の企画や開発に、EC運用代行のスタッフはより良いECサイトの構築・運営を行うことで、より効率的な運営が可能になります。

リソースの確保ができる

EC運営は商品の出品から発送までの工数が多く、一つ一つの工程も膨大な時間がかかります。

しかし、EC運用代行を利用することで、これまで以上に自社のコア業務に専念できるようになり、商品の開発・改善など、クオリティ向上のために過ごせるようになるのです。

コストを抑えられる

自社でEC運営を行う場合、膨大な手間がかかる分、スタッフ数も必要です。

また、発送業務用の梱包資材や商品の保管倉庫の維持など、人件費以外の場面でも費用がかかってしまいます。

EC運用代行会社に外注することによって、人件費を抑えるだけでなく、資材などのランニングコストも削減できる可能性があるのです。

現在EC運営で多額のコストがかかっている企業は、運用代行を利用すると良いでしょう。

業務の属人化を防げる

自社スタッフにEC運営を任せた場合、担当者が急に欠勤したり退職したりすると、業務に支障が出るケースがあります。

その業務を担当者しか知らないという事態になると、他スタッフが対応できないために、業務の属人化が進んでしまうのです。

EC運用代行を利用すると、このようなスタッフが起因となるトラブルの発生リスクを限りなく低くすることができ、属人化が防げるようになります。

部分委託もできるから個人も利用しやすい

EC運用代行会社によっては、完全委託だけでなく部分委託ができるところもあります。

部分委託を依頼することで、自社ではカバーしきれなかった業務を任せられるようになり、費用も完全委託より安価なケースが多いです。

法人のみ対応という会社も多いですが、個人事業主や個人も利用できる運用代行会社もあるため、リソースの確保が難しいが予算が少ないという個人や企業にもおすすめできます。

EC運用代行を利用するときの3つの注意点

EC運用代行を利用するとさまざまなメリットがありますが、気をつけるべき注意点も3つあります。

どちらも把握しておくと、運用代行会社を今後調べる際にも役立つため、参考にしてください。

  • ランニングコストがかかる
  • ノウハウを蓄積しにくい
  • 自社運用に切り替えしづらい

ランニングコストがかかる

まず挙げられる注意点が、EC運営を外注する以上は費用がかかるという点です。

どのようなジャンルのEC店舗であれ、売上を向上させるには期間がかかり、立ち上げ初期は特に、高い売上で安定させたくてもなかなか伸びにくいでしょう。

規模が小さいEC店舗の場合は、ゼロから運用代行を利用しても、最初から高い売上になることはほとんどありません。

結果が出るには数ヶ月を要するため、予算を十分にとれないうちは赤字部分ばかりが広がってしまう恐れがあります。

ノウハウを蓄積しにくい

EC運用代行会社に依頼すると、自社でEC運営に関するノウハウを蓄積しにくくなってしまいます。

これは、運用代行会社を利用することで、リソースの確保やスムーズな売上確保に繋がりますが、その分一任しきってしまうためです。

最終的には外注に頼らずに自社で運営したいと考えている場合は、まずは部分委託から始めるか、コンサルティングのある運用代行会社を選ぶと良いでしょう。

自社運用に切り替えしづらい

ノウハウが蓄積しにくいという注意点とも重なる部分がありますが、ノウハウが蓄積されないために自社運用に切り替えしにくくなるという点が挙げられます。

EC運営は段階的な切り替えが難しく、自社で全ての業務を行うとなると専門知識のあるスタッフを大勢雇わなければなりません。

そのため、運用代行会社に依頼しているときよりもコストがかかるケースがあります。

少しでも自社運用に切り替えやすくするために、運用代行会社に任せきりにならず、自主性を持って行動するようにしましょう。

EC運用代行会社を選ぶときの4つのポイント

EC運用代行会社を利用して自社ECを成功させるには、次の4つのポイントを抑えておくことが重要です。

  • ECサイトは自社型かモール型か
  • どの業務をEC運用代行会社に任せたいのか
  • 信頼できる実績があるか
  • 継続できる料金か

ECサイトは自社型かモール型か

自社型は、自社で開発したECサイトのことで、中・大企業が利用しています。

モール型はAmazonや楽天市場などの、企業が提供しているプラットフォームで商品を販売できるタイプです。

自社型はカスタマイズ性が高く、自社ブランドの世界観を表現できますが、認知度をゼロから上げていかなければなりません。

モール型はカスタマイズ性が低いですが、認知度の高いECサイトであれば集客力が高く、誰もが利用しやすいです。

運用代行会社によってはどちらかだけの対応というケースや、運営特化型のようにサービスは幅広いが得手不得手がある場合があるので、事前確認が重要です。

どの業務をEC運用代行会社に任せたいのか

EC運用代行会社は、先述でもあるように、会社によって部分委託が可能なケースがあります。

商品の画像作成・物流・カスタマーサービスなどの部分的な業務に対応して欲しいのか、ほぼ全ての業務を任せたいのか、明確に決めておきましょう。

そうすれば運用代行会社へ問い合わせやすくなり、打ち合わせなどもスムーズにできます。

信頼できる実績があるか

EC運用代行会社によって得意なECタイプや業務があるため、自社に有効な実績があるかを確認しておくのも、円滑に依頼するためには大切です。

信頼できる実績がない場合は、せっかく費用をかけても売上に繋がらない可能性があります。

無料相談ができる運用代行会社もあるため、実績が確認できないところでも気になるという場合は、まず相談して実績を確認してみるのも一つの手でしょう。

継続できる料金か

EC運用代行会社を利用して、せっかく売上が向上しても、継続できる料金でなければ意味がありません。

運用代行会社を活用しても、1ヶ月や2ヶ月で売上が向上するわけではなく、ほとんどの会社が最低契約期間が1年である場合が多いです。

最低でも、1年間は継続利用できる予算を捻出してから利用しましょう。

EC運用代行でよくある質問

EC運用代行でよくある質問をまとめました。

  • ECサイト運営でやることは何ですか?
  • EC運用代行とは何ですか?
  • EC業務に必要なスキルは?
  • ECサイト運営代行のメリットは?

ECサイト運営でやることは何ですか?

ECサイト運営で行う主な業務は、以下の10点です。

  • 商品企画
  • 仕入れ・製造
  • ECサイト制作
  • 商品の画像作成・登録
  • 商品ページの作成
  • 受注確認・入金確認
  • 商品の検品・梱包
  • 在庫確認
  • 配送
  • アフターサービス

ECサイト運営は、インターネット上でのサービスとはいえ、商品を扱う以上は実店舗の業務とほとんど変わりません。

商品の画像作成やWebマーケティングなどを考えると、実店舗よりも業務数は多いと言えるでしょう。

ECサイト運用代行とは何ですか?

ECサイト運用代行とは、ECサイトの運営に必要な業務を代行してくれるサービスのことです。

商品登録・広告運用・物流管理・カスタマーサポートなど、幅広く代行してくれるため、煩雑な業務から解放され、自社商品の開発などコア業務に集中できるようになります。

EC業務に必要なスキルは?

ECサイト運営で行う主な業務10点ができることが前提です。

しかし、売上を向上させるにはそれだけでなく、Web関連の以下のようなスキルが必要になります。

  • Webマーケティング
  • クリエイティブ力
  • カスタマーサポートなどの対応力
  • データ分析

顧客と直接やりとりしないECサイトでも、コミュニケーション能力やマーケティング能力は必要です。

長期的に安定したEC運営を行うためにも、少しずつ身につけていきましょう。

ECサイト運営代行のメリットは?

EC運営の代行会社を利用することで、EC店舗の業務を任せられるためにリソースの確保ができるようになります。

空いたリソースでコア業務ができるようになるため、業務効率化も図ることが可能です。

また、急な欠員によるトラブル発生などの属人化も防げます。

まとめ:相性の良いEC運用代行会社で自社ECサイトを発展させよう

本記事では、おすすめのEC運用代行会社や料金相場、選び方のポイントなどを詳しく解説しました。

EC運用代行を導入すると、費用削減や業務効率化などのメリットがあり、その反面ノウハウを蓄積しにくいという注意点があります。

EC運用代行会社を選ぶときは、自社ECの特性が得意である会社を選ぶと、相性も良く、スムーズな取引ができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次