Amazonの支払方法設定を見直して転換率UPを狙う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonの支払方法を見直すメリット

Amazonにおける支払方法は大きく下記の3つがあります。

  1. コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い
  2. 代金引換
  3. クレジットカード

他にも「携帯決済(docomo、au)」やポイント払い等ありますが、
自社出荷商品をどの支払方法で受け付けるか、出品者が設定できるのは
「代金引換」と「コンビニ決済」の2つです。

新規出品の場合には「コンビニ決済」は無効になっており、
「代金引換」に関してはそもそも運用できない状態です。
利用するためには「販売実績」が必要です。

有効にすることで、クレジットカード払いなどの通常の支払方法以外に、追加した支払方法が選択できるようになります。
クレジットカードをネットで使用したくない、持っていないというお客様や
代金引換決済を利用することで運送会社の送り状を領収書として扱いたいお客様など
「商品を購入したいけど、使用したい支払方法が選べず断念する」という
販売機会の損失を防止できますのでぜひ可能な支払方法は設定しましょう。
相乗りされている複数出品者がいる場合には下記のように、
支払方法が多い方が注文しやすいと判断されるため有利です。
※もちろん一緒に表示される送料の安さもポイントです。

カートページでの設定の有無による表示内容の比較

特に「コンビニ決済」は代金引換よりも早く設定が有効にできますし、
手数料や支払の案内、入金の確認は「Amazon」から購入者に案内があり
出品者側から購入者に案内する必要がないので出品者の手間はほとんどありません。
注文が確定した商品を発送手配するだけなので簡単です。

支払方法が増えるだけで、今まで購入に至らなかったお客様の転換率アップに繋がります。
「見落としていた」「出品開始してから大分経っていて気づいたら「代金引換」の項目が増えていた。」
「Amazonでのコンビニ決済の処理方法がよくわからないから設定しなかった」とよくありますが
もったいないのでぜひ一度見直しておいてください!

支払方法の設定を有効にする方法

 

見直す所は1つだけで簡単です。
セラーセントラル管理画面より右上の「設定」>「出品用アカウント情報」から「支払い方法の設定(コンビニ払い/代金引換)」ページへいき、
有効にしたい商品を有効に変更しほぞん送信するだけで簡単に反映されます。

「設定」>「出品用アカウント情報」

「支払い方法の設定(コンビニ決済/代金引換)」

コンビニ決済について

コンビニ決済は、出品者の行う発送までの作業はクレジットカードと変わらず
決済の済んだ注文が注文確定されるので、気軽に開始して問題ない支払方法です。
にも関わらず、初期設定では「無効」になっているので、早々に有効にすることをお勧めします!

Amazonのコンビニ決済は購入者にも手数料が請求されないので
利用する購入者も比較的多いです。

※小口出品者の場合にはコンビニ決済は利用できません。

「代金引換」設定について

新規出品時には設定できないのですが、
販売実績ができると設定画面に選択肢が追加されます。

出品しているカテゴリーによっては業者様のまとめ買いなど
「代金引換」での取引希望されることがありますので、
取引可能な場合にはぜひ有効にしておきましょう。

代引き手数料について

代金引換決済についてはAmazonでは「代引き手数料324円」と案内があります。
取引のある配送業者によっては高額商品は手数料が増額することもありますが
Amazonでは一律料金のため、その場合は出品者にて手数料は負担することになりますので
予めご注意ください。

代引きできない商品を個別設定で除く。

商品のサイズが小さく、安い配送料で送るために「メール便」を利用することはよくあると思います。
代引き設定をしたくても、メール便商品があるので代引きで送れない商品があるときは
商品毎に個別設定ができるので問題ありません。
設定もチェック項目で管理するので、非常に簡単です。

在庫管理画面から対象の商品を「詳細の編集」>「出品情報」から
「支払方法のオプション」の扱いたくない支払方法のチェックを外して保存するだけです。

 

「在庫」>「在庫管理」

「詳細の編集」

「出品情報」>「支払方法のオプション」

見落としがちな設定や、運営上難しい販売形態への対策方法

支払方法以外にも、商品の性質や運営上販売が難しくて出品していない商品や
Amazonで出品したいけど、配送料が特殊で設定できない。
など、販売機会を逃していたり、出品自体悩んでいませんか?

サイレコでは、「九州から発送しており、賞味期限の都合上北海道への配送は難しい」
「商品の品質に不安があるので離島には送れない。」
「配送料をしっかりいただかないと利益の確保が難しいけれど常温とクール便の設定がわからない」など様々なケースに対応してきました運営代行を行っています。

新商品を出したいけど、売り方がわからないなど疑問点があれば
お気軽にお声かけください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す