Amazonの「コンディション・ガイドライン」変更で、転売出品者たちがピンチ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。小さい頃、ゲームはいつも中古で購入していたラダです。中古のファミコンに、知らない人の名前が油性ペンで書かれているのはご愛嬌です。

さて、今回はAmazonの「新品」商品のお話です。「コンディション・ガイドライン」が変更になったことで、Amazonで転売を行っている出品者たちは活動をしにくくなったのではないかと思います。

では、どのように変更されたのでしょうか。

コンディション・ガイドラインの変更

2017年9月12日に、Amazonの「コンディション・ガイドライン」が変更となりました。変更となったのは『「新品」としての出品禁止の商品』という部分です。

コンディション・ガイドライン
(※出品者アカウントでログインした状態でないと閲覧できません)

メーカーや卸業者の出品者の場合はあまり関係がないかとは思いますが、いわゆる「せどり」「転売」を行っているAmazon出品者にとっては大きな変更点でしょう。

変更となったのは以下の点です。

「新品」として出品禁止の商品
以下のいずれかに該当する商品は、新品としてAmazonに出品できません。

  • 個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品
  • メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品
  • Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品

では、順番に見ていきたいと思います。

1. 個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品

例えば、ヤフオクやメルカリで商品を購入して、Amazonで新品で出品するような行為が違反となります。

ただし、『個人事業主を除く』とありますので、ヤフオクやメルカリの出品者が個人事業主であった場合は例外として認められるようです。

ここで疑問に浮かぶのは、Amazon側がどうやって個人から購入したことを判断するかどうかです。

これはあくまでも予想ですが、購入者からの報告等をきっかけとして、出品者に対して仕入元の請求書や領収書を提出するよう求めるのではないかと思います。

「個人から仕入れていてもバレないだろ」と思いながら出品を続けていると、ある日突然証拠を求められる日が来るかもしれません。対応できない場合は規約違反と判断され、アカウント停止になることも考えられます。

2. メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品

これは、主に保証書のある商品が該当すると思われます。保証書にハンコを押されて、保証期間が期限が短くなるような場合ですね。

保証書がない商品の場合でも、メーカー側が「正規代理店の出品商品のみ保証する」という対応をしていれば、規約違反となる可能性も考えられます。

メーカーや卸から直接仕入れている場合は大丈夫だとは思いますが、それ以外の方法で入手した商品の場合は注意した方が良さそうです。

3. Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品

一言で言うと、「Amazonで買った商品をAmazonで売るな」です。

今回のガイドライン変更は「新品」に関するものなので、厳密に言えば中古として販売するのであればOKです。

タイムセールで格安出品されている商品を購入し、後ほど通常価格で販売する出品者もいるようですが、今後規約違反として減ってくれるとユーザーとしては嬉しいですよね。

これについても、「バレないだろ」という考えが浮かぶかもしれませんが、『個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品』と同様に突然仕入元のチェックが入るかもしれません。

また、「購入のアカウントを分ければ良いじゃん」と思っていても、IPアドレス等の情報を元にして発見される可能性があるため危険です。

該当商品への対応

出品禁止に該当する商品は、ガイドラインの変更前に出品したものであっても適用されます。

禁止商品の取り扱いを続けていた場合、アカウント停止にまで発展する可能性があるため早めの対応が必要となります。

出品者が早めに行うべき対応

  1. 出品している商品がガイドラインに沿ったものか確認する
  2. 該当商品を販売停止する
  3. 該当商品をFBA納品していたら返送or廃棄する
  4. 該当商品の情報をSKUごと削除する

といったことが挙げられます。

今後の仕入れ・販売方法

  1. 個人から商品を仕入れない
  2. メーカー保証が受けられそうにない商品は出品しない
  3. Amazon購入商品をAmazonで販売しない

といったことにも注意していく必要がありそうです。

コンディション・ガイドラインを見直そう

Amazonでは規約違反に対して厳しい措置が取られます。アカウント停止となり、再作成が出来なくなってしまったという事例もあります。

Amazon出品者の方は、今回修正が加えられた部分以外でも、出品している商品がコンディション・ガイドラインに違反していないかどうか、一度ゆっくりと確認してみると良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す