簡単に海外デビューしてみませんか?~FBA海外配送を活用しよう~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近、サイレコの求人に外人の方から応募があったのですが、
英語が話せず日本語で押し切ろうとしたアリペイです。
結局英語が話せるマネージャーに電話を変わってもらい助けていただきました…。
一般企業にも外人さんから求人がくるように世間はすっかりグローバル化してますよね。

実はサイレコだけでなくAmazonもグローバル化してるんですよ!
元々海外の企業だから何がグローバル化だって思う方もいるんじゃないかと思いますが、
今回は「英語の苦手な日本人でも海外進出ができるよ」ってお話なんです。

要は2/13~自動設定になった「FBA海外配送プログラム」についての説明です。
元々以前から海外配送はあったのですが、前は希望者だけが設定するという流れでした。

しかし2/13からは設定がデフォルトになったため、今まで知らなかったけどこれなんなの?て思っている方も多いのではないのでしょうか。

FBA海外配送について

FBA海外配送プログラムとは

通常どおり商品を日本のFCに納品いただくだけで、出品者様の商品が自動的に67か国のカスタマーに販売・配送可能になります。なお、カスタマーに商品代金に加えて、海外配
送費用や関税等の手数料をお支払いいただくため、出品者様に手数料は発生しません。

最近の海外の需要傾向として、特に東アジアや北アメリカからの閲覧数が高い傾向にあるそうです。
2018年10月時点での上位10か国は、中国、アメリカ、台湾、香港、韓国、オーストラリア、スペイン、イギリス、ドイツ、カナダとなっており着実に海外需要が高まっている証拠です。

次にFBA海外配送を使用した際のメリットをみてみましょう。

メリット

プログラムに参加することで下記のメリットを得られることが出来ます。

  • 追加手数料・追加手続き不要で海外配送が可能
  • ASIN単位で配送対象国を制限可能
  • 集客力アップ(67カ国配送可能)
  • 英語でのカスタマーサポートをAmazonが対応
  • いつでもプログラムの利用開始/停止が可能

出品者は海外配送にかかる複雑で面倒な手間をかけずに、ビジネスをグローバルに展開することが可能になるのです。

プログラムの流れ

FBA海外配送についてはわかった!
でも国挟んだ商売なんてなんか面倒くさそう…て思ってませんか??
決してそんなことはないんです!
次に簡単に流れを説明します。

私達がやること?
商品を倉庫へ納品すること!それだけなんです。
信じられない方のために簡単に流れを載せておきます。

  1. 【出品者】通常通り商品を日本のFCに納品。
  2. 【カスタマー】Amazon.co.jpをみた海外のカスタマーが「海外配送対」商品を購入
  3. 【Amazon】日本のFCから商品を海外へ配送

通常のFBAと同じくAmazonが配送・問い合わせ対応まで行うため、特に必要な対応はありません。
※返品については国内と同様の返品ポリシーが適用されます。
英語での問い合わせに怯える必要もないんです!

 

ちなみに下記に設定方法も載せておきます。

設定方法

セラーセントラル上で、簡単にプログラムの有効化・無効化の切り替えができるので簡単ですよ!
詳しくは下記手順で進めてください。

 

 

注意点

ただ設定前に注意点が…。
取扱ができる商品とできない商品があるので、自社で取り扱っている商品は対象なのか違うのか、確認しましょう!
一般的に下記商品が取扱が制限されています。

  • メディア商品(本、ミュージック、ビデオ・DVD、PCソフト)や食品・飲料、酒カテゴリーに該当する商品
  • その他制限対象となるのは、中古品、空輸できない危険物、FBA小型軽量商品プログラムをご利用中の商品

※商品によっては対象になっている商品もあるためレポートで確認したほうがいいかもです。

まとめ

正直、確実に海外需要が増えていると言ってもどのくらいAmazon.co.jpで翻訳機能を使い商品を探す外国人がいるのか、どのくらい閲覧数があるのか等わからないことだらけです。

そのためどのくらいの利益になるのか等は検討はつきませんが、今後の更に高まるであろう海外需要を知っておくことにこしたことはないですね!

またサプリメントや食品の中でも対象商品になっている商品も多いため、「自分のところは食品を扱っているからダメだ…。」ではなく一度レポートで確認してみるのが大事です。

購入があった国などは「全注文レポート」から確認ができるので、どの国に受けるかなどデータを貯めておくのも何か気づきが得られるかも知れませんね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。