Amazonのマケプレプライムを始めるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうも、サイレコのフェアリー福田です。
今回は「マケプレプライム」の紹介と参加方法についてご紹介します。
【2019/5/13追記】
前回の執筆から変更点のある「マケプレプライム」
出品者にとってもメリットのある変更点をサイレコのbig face ふみやがお届けします。

マケプレプライムとは?

マケプレプライムは、自社から出荷している商品を、Amazonプライム対象商品として購入者に訴求し、販売できるプログラムです。
対象商品に対して、FBAと同じの販売促進効果が期待できます。
検索結果画面や商品詳細ページにAmazonプライムのロゴが付くことは、購入者、特にAmazonプライム会員に向けた訴求力のアップにつながります。
PrimeがつくFBAやマケプレプライムでの出荷は購買率が高くなります。

導入するメリット

商品の訴求力向上による露出拡大(検索結果)

マケプレプライムの商品は、売上拡大への重要なポイント、「より多くの購入者に出品商品を閲覧してもらうこと」が期待できます。

(1) 配送オプションをプライムにした場合も検索結果に表示

(2) 検索結果の上位表示、露出力のアップ

商品の訴求力向上による売り上げ拡大(商品詳細ページ)

商品詳細ページでは、ショッピングカートボックス獲得率アップ、購買率向上を期待できます。

(1)ショッピングカートボックスの獲得率アップ

(2)最短のお届け日を表示して購買率アップ

(3)配送料無料によるお得感のアピール

Amazonカスタマーサービスの提供

(1)Amazonのカスタマーサービスが、マケプレプライム対象商品に対する購入者からのお問い合わせに、24時間365日、迅速かつ丁寧に対応。

(2)購入者対応をAmazonに任せることで、出品者様の業務効率化にもつながります。

マケプレプライムはどうやって参加できるの?

マケプレプライムの利用は、高い配送品質を維持し、
Amazonプライム対象商品と同等のサービスを提供することが条件です。

参加要件

マケプレプライム対象商品は、以下の要件を満たす必要があります。

(1)対象地域へのお急ぎ便、通常配送の提供
プライム対象地域へのお急ぎ便の提供

(2)購入者への通常配送、お急ぎ便含めて、配送料無料の提供
日本全国への通常配送料無料の提供(※プライム対象地域外の沖縄、離島を除く)

(3)Amazon上で追跡が可能な配送方法の利用

(4)Amazonのポリシーに基づく返品・返金対応

(5)Amazonによるカスタマーサービス、返品受付の提供

プライム対象地域へのお急ぎ便の提供

マケプレプライム対象商品は、北海道・本州・九州・四国へのお急ぎ便の提供、沖縄・離島を含む日本全国への通常配送の提供が必要です。
※沖縄・離島へのお急ぎ便の提供は任意です。

下記の要件を満たすことができる任意の地域において、「プライム対象地域」としてお急ぎ便の提供が必要です。都道府県単位で設定可能です。

【2019年5月13日追記】
プライム対象地域以外の送料が設定できるようになりました。
変更前:沖縄、離島以外は送料無料
変更後:プライム対象地域はプライム会員のみ送料無料

日本全国への通常配送無料の提供

マケプレプライム対象商品は、下記の要件で沖縄・離島を除く日本全国に対し、通常配送を配送料無料での提供が必要です。

※離島については、通常配送地域から除外することもできます。ただし、沖縄・離島を「プライム対象地域」に設定している場合は、通常配送の配送料も無料となります。

Amazon上で追跡が可能な配送方法の利用

マケプレプライム対象商品の出荷通知には、必ず荷物のお問い合わせ番号を入力して速やかに送信してください。
購入者がAmazon.co.jpの注文履歴から商品の配送状況を確認できるよう、下記の2点にご対応ください。

・マケプレプライムで利用できる以下の配送会社、および配送方法を利用

当日出荷中に荷物のお問い合わせ伝票番号を入力の上、出荷通知を送信
※上記の配送方法は、必ずしもお届け予定日までの到着を保証するわけではないため、各注文のお届け予定日を満たす配送方法を選択する必要があります。

Amazonのポリシーに基づく返品・返金対応

マケプレプライム対象商品には、 Amazonの返品・返金ポリシーが適用されます。

(1)注文から30日以内の返品リクエストは、Amazonの返品ポリシーに基づいて承認されます。
最新のAmazonの返品ポリシーは、【Amazon.co.jpヘルプページ→返品・交換】をご参照ください。

(2)返品配送料は、原則として出品者様のご負担となります。ただし、購入者都合の場合は、購入者負担となります。

(3)返品受領後は、2営業日以内に購入者への返金処理を行ってください。

Amazonによるカスタマーサービス、返品受付の提供

(1)配送状況に関するお問い合わせについては、出品者様が出荷通知送信時に入力した荷物のお問い合わせ番号に基づき、商品の配送状況を確認し回答します。

(2) 購入者からの返品・返金に関するお問い合わせについても、Amazonのポリシーに基づき、Amazonカスタマーサービスにて手続きを行います。

(3)返品受付後に、出品者様から購入者に対して一定期間返金がされない場合、Amazonカスタマーサービスが、購入者への返金処理を行います。
返金した金額は、出品者様の売上支払い分から差し引かれ、その結果は決済レポートにて確認できます。

(4)商品コンディションや梱包などに関するお問い合わせについては、出品者様にご対応をお願いする場合があります。

FBAとの棲み分けも可能

商材の特徴や在庫状況、自社配送のスピードなどのご都合に応じて、マケプレプライムとFBA、それぞれの特徴をいかして組み合わせて利用可能です。

まとめ

商品検索の際、検索エンジンとしても使われているAmazon。
プライム会員のCVRは70%以上というデータもあり、売上を上げるためにプライムマークは必須と言えます。
食品などFBAに納品できない商品を扱われている店舗はぜひご参加を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す