Amazon運用代行でおすすめな企業15選!費用相場や失敗しない選び方を解説

現代はネット社会の普及により、自社でECモール運用を行う企業も増えてきました。

Amazonのネットショプを経営していく中で、「業務負担が大きい」「うまく運用できているかわからない」「運用を任せたい」などの考えを持っている方は多いのではないでしょうか。

Amazonの運用代行を請け負っている企業は多くあり、料金体系もさまざまです。

今回この記事では、Amazon運用代行のおすすめ企業15選を紹介し、運用代行企業の選び方やポイントを解説しています。

自社の課題や料金、サポート内容によって選ぶ企業が変わる可能性もあるので、参考にしてみてください。

Amazon販売管理でお困りの方へ

\ 売上改善企業は80%以上! /

料金実績対応力
  • Amazon運用代行の依頼はサイバーレコードがおすすめ
  • 「企画」「制作」「運営」全てをワンストップで支援可能
  • 多様な要望に応じて売上アップを全力でサポートします

\お取り組みは300社を突破!/

公式 https://www.cyber-records.co.jp/amazon-plan

サイレコはAmazon提携のパートナー企業です。

目次

amazon運用代行のおすすめ企業15選

amazonの運用代行でおすすめの企業15選を紹介します。

おすすめの15社は以下のとおりです。

  • 株式会社サイバーレコード
  • しるし株式会社
  • アグザルファ株式会社
  • 株式会社いつも
  • 株式会社ウェルボン
  • 株式会社One Proof
  • NE株式会社(旧Hameeコンサルティング株式会社)
  • 株式会社コマースファクトリー
  • 株式会社REALMS
  • 株式会社そばに
  • 株式会社アイズプランニング
  • 株式会社ココラブル
  • YAGATE株式会社
  • 株式会社CRB
  • 株式会社ウェズワーク

上記の15社を詳しく解説していきます。

株式会社サイバーレコード

運営会社株式会社サイバーレコード
サービス運用代行・コンサルティング
料金体系月間売上100万円未満:15万円月間売上100万円以上:売上の15%
サポート内容新規アカウント開設出品申請商品登録商品ページ作成商品撮影転売対策SEO対策イベント申請・設定通販に関わるコンサル
URLhttps://www.cyber-records.co.jp/

まずは株式会社サイバーレコードを紹介します。

株式会社サイバーレコードは、日本で初めて出店サポートと運用代行を行なった企業でもあり、Amazon日本支社との連携もあるので数多くの実績があります。

具体的な支援内容は以下のとおりです。

  • Amazon SEO対策
  • プロによる商品撮影
  • ショピングカード獲得
  • 売れる商品ページの作成
  • 戦略を立てた広告運用

設立10年の支援実績があるため、長年の経験とノウハウを活かして提案・サポートを行います。

特にSEO対策では、購入者のニーズを考え、キーワード調査の元ページ改善を行うなどの施策を行い、販売実績を積み上げています。

ショッピングカート獲得では、商品ページが目立つ場所に表示される施策も行なっています。

Amazonの特性をしっかり理解した施策であるため、より多くのユーザーに購入してもらえるのです。

ネットショッピングでは購入者は商品に触れられないため、写真勝負な部分もサイバーレコードでは代行を行なっています。

プロのカメラマンの撮影した写真を掲載し、目立たせることで購買意欲向上を図っています。

(口コミ)【リバテープ製薬株式会社】元々、アマゾンには出店されていましたが弊社のSEO施策と広告運用で売り上げが3倍になりました。さらなる売上アップをめざし日々、様々な施策をトライ&エラーしています。

https://www.cyber-records.co.jp/archives/372

しるし株式会社

運営会社しるし株式会社
サービス運用代行・コンサルティング
料金体系成果報酬型(運用状況に応じて調整可能)
サポート内容SEO対策広告運用商品ページ改善レビュー管理転売対策分析ダッシュボードの提供

まずは、株式会社しるしを紹介します。

株式会社の最大の強みとしては、amazonとパートナーシップ結ぶプロのスタッフがサポートをしてくれることが強みです。

amazonとパートナーシップを締結し、Amazon Adsの認定パートナー、Amazon DSPの公式取扱企業として請け負うことになります。

Adsパートナーとは、Amazonから広告商品やサービスにについての知識を認められた企業にことです。

ECサイト運用にスペシャリストたちがチームで運用を行なってくれます。

また、ECサイトを丸投げでき、支援開始から1年間で売上2〜50倍以上の実績を誇っていることも強みです。

自社に近い事例の中から売上成長を計画でき、自社にあった運用を行なってくれます。

アグザルファ株式会社

運営会社アグザルファ株式会社
サービス運用代行・コンサルティング
料金体系固定費型・成果報酬型
サポート内容SEO対策商品ページ最適化新規商品登録競合分析差別化売上分析・効果測定など

次にアグアルファ株式会社を紹介します。

アグザルファ株式会社は、amazonを専門に運用代行を行うサービスです。

最大の強みは、アグザルファ株式会社の代表が、「元Amazonの社員」という点です。

前職では法人や個人向けの新規開拓営業やコンサルタントを行い、成績もトップでした。

その経験やノウハウに基づいた、様々なサポートを受けられるのも強みの1つですね。

amazon内での受賞経験も多数あり、月商を10倍にしたり無名なブランドを有名なブランドに育成したりなどの実績もあります。

自社の状況から、amazonに最適な施策を行い、繰り返し効果測定を行うことで、安定した売上と依頼者の満足度向上に努めています。

株式会社いつも

運営会社株式会社いつも
サービス運用代行・コンサルティング
料金体系要問い合わせ
サポート内容広告配信戦略広告出稿SEO対策ブランディング提案画像加工など

次に株式会社いつもを紹介します。

株式会社いつもの強みは、EC責任者が選ぶAmazon支援No.1に選ばれるなどの数多くの高い評価を受けている運用代行会社です。

株式会社いつもでは、店舗運営代行はもちろん、企業への来社やzoomでの打ち合わせも請け負ってくれる企業であるため、サポート面も充実しています。

過去の実績としては、中小企業を中心に11,000件以上の契約数もあり、豊富な経験と支援実績からも安心して運用代行を依頼できるでしょう。

運用代行を安心できる企業に依頼したい企業にはおすすめでしょう。

株式会社ウェルボン

運営会社株式会社ウェルボン
サービス運用代行・コンサルティング
料金体系固定費型
サポート内容商品ページ広告運用キーワード戦略SEO対策など

次に株式会社ウェルボンを紹介します。

株式会社ウェルボンでは、amazon運用代行やコンサルティングを行なっており、3,000を超える実績を持っている企業です。

豊富なノウハウを活かし、商品ページの最適化や広告運用、キーワード戦略を強みとしています。

特に、「初年度と比較して売上がダウンしている」「相談相手がいない」などの悩みを解決してくれます。

株式会社ウェルボンは、Amazon公認サポート企業として承認もされており、上場企業や海外の企業実績もあるので安心して依頼をできるでしょう。

契約内容は、最低3ヶ月から契約が可能なため売上アップが心配な方でもお試しで契約を結べます。

また、サポートコミュニケーションはメールだけでなく、チャットや電話でも行えることも強みの1つです。

課題を見つけて明確な打ち合わせができることで、タイムラグなしに運営ができるでしょう。

株式会社One Proof

運営会社株式会社One Proof
サービス運用代行
料金体系要問い合わせ
サポート内容SEO対策販売戦略策提案競合分析商品登録画像作成まど

次に株式会社One Proofを紹介します。

株式会社One Proofでは、EC関係業務全てに対応し、ECショッピングモール運用実績は300社以上、運用代行を強みとしている会社です。

ECソリューションを専業にしているため、活用しているシステムを利用したまま運用や提案を行うので、多数のECソリューションが可能です。

自社の課題を抽出し、打つべき施策で広告運用や費用対効果の良し悪しを判断します。

NE株式会社(旧Hameeコンサルティング株式会社)

運営会社NE株式会社(旧Hameeコンサルティング株式会社)
サービス運用代行
料金体系固定費型(6万円〜)
サポート内容ECコンサルティング制作・リニューアル商品登録RPP広告運用代行

次にNE株式会社(旧Hameeコンサルティング株式会社)を紹介します。

NE株式会社の強みは、さまざまなECモールやカテゴリで実績のある運用代行会社であるという点です。

対応内容としては、ECのコンサルが中心で舵をとり、効率的な運用を実現します。

商品登録や出店、SEO対策や広告運用などのサポートを請け負ってくれます。

NE株式会社との契約は、1ヶ月単位での契約になるため、自社にとっての大きな負担にもなりません。

お試し体験感覚で選択してみるのも1つでしょう。

株式会社コマースファクトリー

運営会社株式会社コマースファクトリー
サービス運用代行・コンサルティング
料金体系要問い合わせ
サポート内容広告運用販売戦略クリエイティブ制作モール運用ECサイト制作など

次に株式会社コマースファクトリーを紹介します。

株式会社コマースファクトリーの強みとしては、amazonから自社サイトまでを、幅広く運用サポートを行なっていることです。

コマースファクトリーは、amazonをはじめ各種ECモーリや自社サイトに対して、マーケティング・運用のサポートを行なっています。

対応範囲としては、広告運用やクリエイティブ制作などが主な範囲です。

経験豊富やEC運用サポートスタッフの「ECオタク」が運営しているので関連情報などは共有できる体制が整っているでしょう。

株式会社REALMS

運営会社株式会社REALMS
サービス運用代行・コンサルティング
料金体系要問い合わせ
サポート内容SEO対策レビュー対策出品管理広告運用外部集客など

次に株式会社REALMSを紹介します。

株式会社REALMSは、amazon運用代行をはじめEC運用代行や集客、コンサルティング、Webコンサルティングを行なっている企業です。

独自開発のツールでもある「アマトピア」を利用して運用代行が可能であり、出品管理などの売上に役立つ8つの機能プランから選択が可能です。

コンサルティング料金は1時間250,000円(税込)となっており、独習用コンテンツもセットになったサービスを受けられます。

株式会社そばに

運営会社株式会社そばに
サービス運用代行・コンサルティング
料金体系固定費型(5万円〜)
サポート内容広告運用SEO対策競合分析商品ページ最適化販売支援など

次に株式会社そばにを紹介します。

株式会社そばには、Amazon販売のプロが店舗を支援するサービスを提供する運用代行会社です。

SEO対策やレビュー管理、在庫状況などの売上分析を含めた徹底的な施策業務を請け負ってくれるため、安心して依頼ができる企業でしょう。

自社の売上拡大に必要な施策を編み出し、定期的な効果測定を実施し、自社の状況に応じた売上拡大の貢献に取り組んでいます。

SEO対策やレビュー管理などの施策意外にも、毎月のレポートバックを行うので、安心感もあり何より効果のある施策に繋げられます。

料金体系もスタンダードからプレミアムなど店舗に合わせたプランを選べるのも株式会社そばにの強みです。

自社にあった適切なプランを選ぶことが重要となるでしょう。

株式会社アイズプランニング

運営会社株式会社アイズプランニング
サービス運用代行・コンサルティング
料金体系固定費型・成果報酬型
サポート内容商品登録サムネイル作成テキスト更新商品キーワード選定広告入稿業務問い合わせ対応在庫管理代行発送

次に株式会社アイズプランニングを紹介します。

株式会社アイズプランニングの強みは、食品ジャンルでのEC事業を強みとして運用代行を行うサービスという点です。

ECサイトの運用や受注・代行発送までを請け負ってくれる「フルサポートプラン」の内容は充実したものとなっています。

料金体系は、自社の売上に見合ったものであるため、コストを削減してamazonの運用が可能です。

食品ジャンルに限られてはいますが、現代ではネットショッピングで食品を購入するユーザーも増えてきていますので、食品ジャンルのEC運用を考えている方にはおすすめです。

株式会社ココラブル

運営会社株式会社ココラブル
サービス運用代行・コンサルティング
料金体系要問い合わせ
サポート内容SEO対策出店サポートブランド登録ページ制作在庫管理など

次に株式会社ココラブルを紹介します。

株式会社ココラブルは、amazonだけでなく動画でのマーケティングやSNS広告運用などの幅広いサポートが実現できる企業です。

amazonのサポートでは、在庫管理についても支援サポートをしてくれる企業でもある点が強みでしょう。

株式会社YUGETA ECコンサルティング

運営会社株式会社YUGETA ECコンサルティング
サービス運用代行・コンサルティング
料金体系固定費型
サポート内容SEO対策広告最適化商品ページ制作受注処理商品登録など

次に株式会社YUGETA ECコンサルティングを紹介します。

株式会社YUGETAは、課題の抽出からコンサルティングまでをサポートするamazon運用f代行企業です。

運用において、経験豊富なスタッフが自らの仮説も元に施策を実施し、繰り返し効果測定を行います。

また、無駄な作業を削り広告運用を行う。広告運用のプロ集団も在籍しているため、コスト削減と売上向上を見込めることが強みでしょう。

特に苦手ジャンルがあるわけでもなく、「アパレル」「キッズ」「パソコン周辺機器」などのカテゴリで運用代行を行なっています。

料金は、依頼主が決定するという形をとっているので、決定した料金を元にサポート採用を決めています。

株式会社CRB

運営会社株式会社CRB
サービス運用代行・コンサルティング
料金体系固定費型+販売手数料(要問い合わせ)
サポート内容販売代行コンサルティングなど

次に株式会社CBRを紹介します。

株式会社CBRは、2011年に設立し、東京に本社を置く「中小企業の挑戦者」を応援することに注力している企業です。

特にECサポートに力を入れており、amazon運用代行では、商品リスティングや在庫管理、広告運用、レビュー管理などの販売に必要な業務を一掃してくれます。

中小企業を応援する企業として、費用対効果の高いサービスを提供することが、株式会社CBRの強みです。

実績もあるため、中小企業である方々にはおすすめでしょう。

株式会社ウィズワーク

運営会社株式会社ウィズワーク
サービス運用代行・コンサルティング
料金体系固定費型
サポート内容EC運用代行SNS運用代行出品代行店舗運営情報収集・発信など

最後に、株式会社ウィズワークを紹介します。

株式会社ウィズワークはEC運用代行だけでなく、SNS運用代行やマーケティングのプロフェッショナルがサポートしてくれる点が強みです。

楽天やamazonなどの特定のモールに特化している人材を揃っているわけではないが、会社の特徴でもあるマーケティングに重きを置いたサポートを受けられます。

amazon運用代行では、出品代行のみを依頼できるプランもあり、店舗丸ごと運用を依頼できるプランもあります。

自社の課題解決やコスト削減、売上アップに近いプランを選択できるのも1つの強みでもあるため、amazon運用代行だけでなくSNSにも力を入れたい企業にもおすすめです。

amazon運用代行の失敗しない選び方

amazonの運用代行を行なっている企業は多くありますが、失敗しない選び方をすることは大切です。

amazon運用代行の失敗しない選び方は以下のとおりです。

  • 販売実績を確認する
  • 費用を確認する
  • サポート内容を確認する
  • 利益が増える見込みがあるか
  • amazon特化型のサービスか
  • 運用代行かコンサルか明確にする

上記の失敗しない選び方のポイントを詳しくみていきましょう。

実績を確認する

amazon運用代行の企業を選ぶ際は、その企業の過去の実績に注目して選ぶことが大切です。

amazon運用代行企業の過去の実績を見れば、どんな企業の運用代行をしており、どんな実績を残しているかで信頼性と利益アップが見込めます。

企業の対応件数や売上拡大率、売上アップ額に加えて、対応した企業名なども参考にしましょう。

自社と似ている企業や大手企業などを対応していて、実績があれば信頼して依頼ができるので、amazon運用代行の企業の実績を確認しましょう。

費用を確認する

amazon運用代行に依頼する際は、料金の確認も欠かせないでしょう。

amazon運用代行の依頼料金は安いものではありませんが、料金が安いからダメというわけでもなくサービスによって異なるため、費用の確認も必要です。

価格の安い料金でのサービスは対応サービスが少なかったり、料金が高いサービス対応サービスが多かったりします。

自社の依頼を行うにあたって、提示されている料金が適正かをしっかり確認しましょう。

サポート内容を確認する

amazon運用代行を依頼する内容の、サポート内容は必ず確認をしましょう。

運用代行を行うサービスでは、企業や料金によって対応内容が異なり、以下が主なサポート内容です。

  • 新規出店
  • 商品ページ制作
  • ページの最適化
  • 競合分析
  • SEO対策
  • 売上分析
  • 効果測定
  • 広告運用
  • カスタマーサポート

あらかじめサポート内容の範囲を明確にしておくことで、運用代行中のトラブルや予期せぬ出費を防げることもあります。

自社が抱えている課題と、依頼する料金のサポート内容をしっかり理解した上で運用代行を進めて行くましょう。

利益が増える見込みがあるか

amazon運用代行を依頼するにあたって、売上が上がることも大切ですが、利益になる見込みがあるかも大切です。

いくら売上が上がっても、運用代行費が高すぎる場合や広告費などに経費がかかりすぎて利益にならなければ意味がありません。

適切な商品の仕入れや効果的な広告戦略か、返品率の低減などのコスト削減や、効率化の提案ができる会社を選ぶことで、利益増加を実現できるでしょう。

料金設定や対応サービスも元に、プロモーションなどの攻めの戦略とコストカットなどの守りの戦略が行える企業を選ぶと、利益が増える見込みがあるかも確認できるでしょう。

amazon特化型のサービスか

amazonの運用代行を依頼するのであれば、amazon特化型のサービスを選ぶと良いでしょう。

運用代行を行なっている企業は、ECサイト全般(楽天・Yahoo!)も対応している企業も多く、利益を出すノウハウなどはECサイトによって異なります。

amazonでの依頼をする場合は、amazonのノウハウを多く持っているであろうamazon特化型の運用代行企業を選びましょう。

運用代行かコンサルか明確にする

amazon運用代行のサービスの中には、運用代行かコンサルティングかの2種類があり、依頼する前にどちらが良いかを明確にしておく必要があります。

依頼した後に、自社が求めているサービスとは異なっているということになっては元も子もありません。

以下の表を参考にして、サービス内容を確認しましょう。

運用代行コンサルティング
ページ制作や実務などを主に対応するサービス。文章や画像などのコンテンツ制作に加えて、広告運用や運送状況の管理なども行います。調査や提案を行うサービス。市場調査やコンテンツ・広告内容の提案などを行います。商品選定も行います。

自社で抱えている課題や、求めているサービスはどちらか明確にした上で依頼を行いましょう。

amazon運用代行を利用するメリット・デメリット

amazon運用代行を利用する際は、良いことだけでなくデメリットあります。

ここからはamazon運用代行を利用する際のメリットとデメリットを解説していきます。

メリットだけでなく、デメリットもしっかり理解した上で、利用を検討しましょう。

amazon運用代行のメリット

まずはamazon運用代行のメリットを解説していきます。

amazon運用代行のメリットは以下のとおりです。

  • 売上アップが期待できる
  • 社員育成コストが削減できる

amazon運用代行を利用する最大のメリットは、売上アップの期待ができることです。

専門的にamazon運用代行を行なっている企業に、運用をしてもらうことで、早期の売上アップが期待できます。

経験やノウハウを持っていなくても効果的にamazon運用代行を行えるからです。

また、運用代行を依頼することで社員育成コストも同時に削減できるのもメリットの1つです。

amazonの運用代行経験がない社員に、運用を1から叩き込む場合は費用や時間が大きく取られ、効率的に売上を作れません。

amazon運用代行を依頼することで、コストを削減しつつ高い効果と売上が期待できます。

amazon運用代行のデメリット

続いて、amazon運用代行を利用する際のデメリットは以下のとおりです。

  • 売上アップの保証はない
  • 自社にノウハウは残らない
  • amazon運用代行の費用がかかり続ける

amazon運用代行を利用すれば、売上を期待できる反面、その売上は保証されていないことがデメリットになります。

全ての運用を任せれば売上がアップするわけではなく、依頼者と運用代行企業がしっかり話し合いを行いながら、自社にあった運用を行うことが重要です。

全ての業務を投げても売上アップの保証にはならないので気をつけましょう。

また、運用代行を利用することで社内には運用ノウハウは残りません。

自社にノウハウを残したいのであれば、運用代行ではなくコンサルティングの方が良いでしょう。

amazon運用代行を利用する最大のデメリットとしては、運用代行費用がかかり続けることです。

コンサルティングとは違い、ノウハウも運用スキルも残らないため、費用がかかり続けます。

ただ、将来的に自社でどのように運用を行なっていくかによっては、デメリットにはならない場合もあるので、自社で情報を共有すると良いでしょう。

amazon運用代行の費用相場

amazon運用代行の費用はさまざまで、10〜50万円以上とも言われています。

料金体系によって異なることも事実です。

amazon運用代行の料金体系は以下のとおりです。

  • 成果報酬型
  • 固定費型

それぞれの費用を詳しくみていきましょう。

成果報酬型

成果報酬型とは、自社の売上に応じた費用を支払う料金体系です。

売上に応じた報酬を支払うため、売上が上がれば支払う費用も高くなり、売上が減った場合は支払う費用も少なくなります。

成果報酬型の費用相場は、「10〜20%」と言われています。

パーセンテージだけを見れば高く感じますが、「売上」のパーセンテージを支払う会社もあれば、「売上が一定金額を超えた分の」パーセンテージを支払う会社もあります。

amazonの運用は店舗ページや商品ページの基礎ができれば売上は上がり続けることが期待できるので、初期投資だと考えれば妥当でしょう。

固定費型

固定費型とは、一定金額しか報酬で支払わない料金体系です。

費用相場としては、「10〜50万円」と言われています。

各運用代行企業で対応範囲が異なり、範囲が広ければ広いほど料金も高くなります。

場合によっては50万円を超えることもありますが、運用代行の費用だけみて判断するのではなく、サービスの内容と照らし合わせながら自社合う判断をすることがおすすめです。

amazonの運用代行に関するよくある質問

amazon運用代行に関するよくあるよくある質問は以下のとおりです。

  • Amazon運用代行とは何ですか?
  • Amazonコンサルの料金はいくらですか?
  • amazonの運用代行は代行発送も行なってくれますか?

上記3つの質問をそれぞれみていきましょう。

Amazon運用代行とは何ですか?

amazon運用代行とは、amazonの商品販売やマーケティング、発送、カスタマーなどの運用工程を全て請け負ってくれるサービスです。

amazon運用代行を利用することで、自社の業務負担やコストを削減しながら売上アップが期待できます。

自社での課題解決できる運用企業を選ぶことが大切です。

Amazonコンサルの料金はいくらですか?

Amazonコンサルの料金相場は月々5〜30万円と言われています。

ただ、コンサルティング会社によって異なります。

料金形態は、「成果報酬型」と「固定費型」があります。

自社の売上やEC販売のきぼにあったシステムを選ぶと良いでしょう。

amazonの運用代行は代行発送も行なってくれますか?

amazon運用代行は代行発送の業務を行う企業もあります。

ただ、運用代行の対応内容によって料金も異なるため、契約前にしっかりと打ち合わせを行うことが重要です。

まとめ:amazon運用代行を利用すれば売上アップが見込める

amazon運用代行を利用すれば、売上アップが見込めます。

amazon運用代行をサービスとして提供している企業には、専門の知識を持っている方やノウハウをコンサルしてくれる方がいるから売上アップが見込めます。

ただ、その見込みには保証がないことを注意しましょう。

売上が上がっても利益になるかは別の話であり、売上が上がるかも確証はありません。

amazon運用代行は運用をする1つの手段です。

もちろんプロがサポートをしてくれるので、コスト削減に繋がったりノウハウが社内に共有できる点を見ればメリットも多いです。

自社の課題を明確に解決できる運用代行企業を見つけることが、何よりの売上アップの見込みに繋がります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

サイバーレコード株式会社

大手企業累計300社、自治体60自治体以上のECサイト制作の実績を持つ当社。

サイト制作~発送・カスタマーサポートまで行うフルサポート体制がお客様からの支持を得ており、毎年売上を伸ばしています。

生活者に広く愛されるためのECをプロデュースしたい。

そんな想いでEC関連事業に従事しています。

目次