Amazonの商品名ルールと注意点|売れるネーミングで差をつけよう!

Amazonで売れるネーミングを考えよう!

Amazonで出品する際の商品名は、検索ユーザーにアピールするためにも重要な要素であり、どうすれば効果的に訴求できるか悩まれる方も多いでしょう。

Amazonでは商品名の設定にもルールがあり、ルールを守らなければ検索に表示されなくこともあります。検索結果として表示されなければ売上にもマイナスの影響を与えてしまうため、ルールを把握しておくことが非常に重要です。

このページでは、Amazon出品における商品名のルールや禁止ワードの基本的な内容から、売れるネーミングのコツまでまとめて解説します。

売れる商品名で、Amazonでの自社商品の販促効果を高めましょう。

目次

Amazon商品名の基本ルール

Amazonでは、商品名の基本ルールとして以下の事項が決められています。

  • メーカー・ブランドのほか、商品の型番や仕様を含めた商品の正式名称を記載する
  • 商品と関係のない文字や記号は入れない
  • 付属品については「商品仕様」「商品説明」の欄に記載する
  • 「激安」「最安」のほか、割引率を示すワードは使用不可

商品名はメーカーやブランド、商品の型番等を記載した上で、ユーザーに明確に商品を判別できる正式な内容を設定することが基本です。

商品に直接関係のないワードや記号のほか、付属品に関する内容、割引率やセール、キャンペーン訴求等のワードは利用できません。

Amazon商品名の文字フォント&表記ルール

Amazonでは、商品名の表記についても以下のとおりルールがあります。

  • キーワードは半角スペースで区切る
  • スペースや英数字、ハイフンは半角で表記
  • 全角50文字以内で入力(スペース含む)
  • カタカナは全角表記
  • 特殊文字、特殊記号、機種依存文字は使用不可

商品名でキーワードを羅列する際は、半角スペースで区切るのがルール。英数字やハイフンは半角ですが、カタカナは全角表記です。

スペースを含め、全角50文字以内が基本ですが、服&ファッション小物カテゴリーでは65文字までとカテゴリーによって文字数が異なる場合があります。

Amazon商品名にはカテゴリーごとの表記ルールあり

Amazonの商品名については、ここまで解説したルールのほかにカテゴリーごとにも指定があり、出品する商品ごとに事前確認が必須です。

カテゴリーごとの表記ルールをチェックする方法

商品カテゴリーごとの商品名登録ルールは、セラーセントラルのヘルプページ「カテゴリー別在庫ファイルテンプレート」で、該当するカテゴリーの「商品登録規約」欄にあるリンクをクリックすれば、各カテゴリーの「商品登録ガイドライン」でカテゴリーごとの表記ルールをチェックできます。

カテゴリー別の商品名ルール事例

商品名登録の基本ルールの一例として、「おもちゃ&ホビー」のカテゴリーをチェックしてみましょう。

「おもちゃ&ホビー」カテゴリーの商品名は、以下の順番で要素ごとのワードを半角スペースで区切り、商品名を設定するのが基本です。

[ブランド] [シリーズ/キャラクター] [商品名] [サイズ] [色] [素材] [型番] [BOX] [(食玩)]

出典:Amazon「おもちゃ&ホビー 商品登録ガイドライン」

これらの要素のうち「商品名」は必須で、その他の要素については該当する内容がなければ省略可能です。

「おもちゃ&ホビー」カテゴリーにおける各要素の内容については、以下のとおり指定されています。

商品名の要素記載内容
ブランドブランド名を記載(商品名と重複の場合は省略可)。
シリーズ/キャラクターシリーズ名またはキャラクター名を記載(商品名と重複の場合は省略可)。
商品名商品の正式な名称を記載。
サイズサイズ違いの商品がある場合や、サイズが商品の特徴を表す場合のみに記載。
※サイズ違いでバリエーション設定する場合は商品名にサイズは記載不可。
色違いの商品がある場合のみに記載。
素材素材違いの商品がある場合や、素材が商品の特徴を表す場合のみに記載。
型番メーカー型番を記載。
BOX食玩やトレーディングカードなど、BOX 販売になっている場合に記載。
(食玩)食玩の場合は (食玩)と記載。
出典:Amazonファッション商品登録規約

このように商品名のルールが細かく指定されていますので、商品登録時にはカテゴリーごとのルールを把握しておくことが重要です。

Amazonで商品名をつける際の注意点

Amazonでは検索結果として表示させる商品を、商品名に含まれるワードや商品情報の内容によって判断しています。Amazonで商品名をつける際には、これを踏まえた上で以下の点にも注意が必要です。

  • 長すぎる商品名
  • 禁止ワードを使用した商品名
  • 商品名のガイドライン違反

Amazonの商品名設定には文字数制限があり、長すぎると非表示になり、禁止ワードが入っていれば、そのワードが削除される可能性があります。

商品名のガイドラインに違反する商品名をつけた場合は検索対象外となるケースもありますので、しっかりとルールを把握しておきしましょう。

ちなみに、出品商品が検索対象外となっている場合、セラーセントラルの在庫管理ページで[検索対象外]をクリックすれば、当該ページで確認可能です。

Amazonセラーセントラルの在庫一覧画面で検索対象外にチェックを入れた

Amazonで自社のオリジナル商品を販売する場合、画像はもちろん、商品名や説明文等の設定が売上を大きく左右します。文字数を埋めるだけの商品名ではなく、しっかりとユーザーへの訴求になるタイトルを検討することが重要です。

ECサイト事業の成長を目指すにあたってのお悩みがあれば、ECサイト運営のプロに相談する方法もあります。Amazon運営サポートの豊富な実績をもつECサイト運営代行会社に、いつでもお気軽にお問い合わせください。これまでの多数の実績を踏まえ、貴社サイトに最適な改善プランをご提案いたします。

Amazonの商品名でやってはいけない5つのこと

続いて、Amazonの商品名をつける際に「やってはいけないこと」をまとめてチェックしておきましょう。

商品名は、商品を特定できるものでなければなりません。以下の点に注意して、商品特定に関係のないワードは入れないようにしましょう。

  • 必要性や関連性のないワードで文字数を増やす
  • 同義語や類義語を入れる
  • 宣伝文句を入れる
  • 商品使用シーンを入れる
  • 英語表記と日本表記を併記する

それぞれ解説します。

必要性や関連性のないワードで文字数を増やす

商品を明確に伝えるのが商品名の役割です。商品を示すのに必要性や関連性のないワードを入れると、商品の内容が分かりにくくなるので避けましょう。

同義語や類義語を入れる

商品名にSEO対策として同義語や類義語を入れることは、Amazonでは規約違反です。

SEO対策としてのワードは、タイトル以外のパーツで入れ込みましょう。

宣伝文句を入れる

「期間限定」「◯%割引」「送料無料」「セール」など、宣伝のためのワードを商品名に入れることは、Amazonの規約で禁止されています。

商品名に入れられるワードは、商品に関する情報のみです。

商品使用シーンを入れる

商品使用シーンとは、例えばスーツケースであれば「旅行」「観光」といったワードです。

使用シーンを示すワードは、商品を示すものではありません。商品名に使用すると規約違反になりますので注意しましょう。

英語表記と日本表記を併記する

商品名に英語とその翻訳した日本語を併記することは一見すると親切なようですが、Amazonでは規約違反とされています。

ここまでの内容を遵守し、パッと見ただけで商品内容を明確に伝えられる商品名を設定しましょう。

Amazon商品名の禁止ワード

Amazonの商品名には、使用が禁止されるワードや要注意ワードがあります。

使用禁止のワード

以下に該当するワードは、Amazonの商品名には使えません。

  • 「世界一」「最安」など、 最上級で訴求するワード
  • 「永遠」や「完全」として断定するワード

最上級を示すワードは、具体的な客観的事実に基づく根拠がない限り使用不可。「永久に効果が持続」や「完全に防御する」といった断定的な記載もNGです。

要注意ワード

以下に該当するワードを使用する場合は、情報更新日や有効期限を明記する必要があります。

  • 「最新」「New」といった時間的な優位性で訴求するワード
  • 「期間限定」「今だけ」など期間を制限して訴求するワード

頻繁に開催していながら、期間限定であるかのような表示をすることは認められません。

ちなみに、商品名ガイドラインで指定されている禁止ワードがブランド名に入っている場合は、例外としてガイドラインによる禁止文字の要件が免除されます。

商品名におけるNGワードについては商品カテゴリーごとの決まりもありますので、出品する商品のカテゴリーに応じたルールを遵守しましょう。

Amazonで売れる商品名をつける3つのコツ

Amazon出品商品の商品名は、販売促進にも貢献してくれる非常に重要な要素です。

以下の3つのコツをヒントに、ひと目見てどんな商品か分かる好印象を与えられる商品名を検討しましょう。

  • 商品の内容を明確に示す商品名をつける
  • 検索キーワードを選定して入れ込む
  • スマートフォンでの表示を意識する

それぞれ詳しく解説します。

商品の内容を明確に示す商品名をつける

商品名を見たユーザーに、その製品の機能や特徴を明確に伝えられなければ、商品も売れにくくなります。

曖昧で紛らわしいワードは避けて、ルールに添った分かりやすい商品名をつけましょう。

検索キーワードを選定して入れ込む

Amazon出品における商品名は、商品詳細ページではもちろん、検索結果やAmazonランキングでも表示されます。

Amazon.co.jpのサイト内以外でも、Amazonがユーザーに向けて自動配信するおすすめ商品紹介メールや、Google等Web上の検索エンジンの検索結果でも表示されることがあります。

ターゲット層に訴求できるキーワードを入れた商品名は、視覚だけでなくSEO効果も期待できる要素となるもの。しっかりとキーワードを選定し、商品名に入れ込みましょう。

特に重要なワードは、できる限り先頭に入れたいところです。

スマートフォンでの表示を意識する

商品名を決めるときは、スマートフォンでの表示も意識しましょう。その理由は、商品名の表示文字数がデバイスや表示スペースによって異なるから。

パソコン表示だけでなく、Amazonでも大半を占めるスマホユーザーの画面で、商品名がどのように表示されるのかもチェックし、ルールの許す範囲で最適化しておくことも重要です。

Amazon商品名の表示の違い

Amazonの商品名が表示される場所や使用するデバイスによってどのように見え方が変わるのか、実際のページで比較してみましょう。

Webページの検索結果での表示

「ケトル」で検索したところ、Webページでは以下のとおり商品が表示されました。いずれも商品名が全て表示されています。

Webページの検索結果での表示

商品名の文字数は、左側から「69文字」「65文字」「51文字」(スペース含む)です。

スマートフォンの検索結果での表示

スマートフォンの検索結果画面では、先のWebページと同じ検索結果で以下のとおり表示されました。

スマートフォンの検索結果での表示

51文字でタイトルをまとめている一番下の商品を除き、上の2つの商品では商品名の表示が途中で切れています。

Webページでのおすすめ表示

以下のキャプチャーは、Webページでのおすすめ表示です。左側の商品名は文字数が51文字で全て表示されていますが、右側の商品名は116文字で、途中で切れています。

Webページでのおすすめ表示

スマートフォンのおすすめ表示

スマートフォンでのおすすめ等で表示される画面では、さらに文字数が少なくなり、51文字で作成されている商品名も以下のように表示が切れていました。

スマートフォンのおすすめ表示

このように、スマートフォンでは表示される文字数がWebページより少なくなるため、ルールに添いつつ、デバイスごとの表示にも配慮して設定しましょう。

Amazonで商品名を設定する方法

新規登録の商品や、既存で出品している商品名を設定する方法をまとめました。正しい商品名の設定方法で、自社商品の検索性を高めましょう。

新規登録の場合

Amazonで商品情報を新規登録する手順は、以下の記事でキャプチャー付きで詳しく解説しています。

あわせて読みたい
Amazonのカタログの作成方法|オリジナル商品登録のやり方! Amazonでのカタログ作成方法をマスターしよう! 自社のオリジナル商品や独自のセット商品を販売する場合など、Amazonで過去に販売されたことがない商品を初めて出品する...

出品中の商品

出品中の商品の商品名を修正・変更する場合の手順は、以下のとおりです。

セラーセントラル画面の左上にあるバーガーメニューをクリック。

バーガーメニュー

①[在庫]→②[全在庫の管理]をクリック。

全在庫の管理

該当商品で[詳細の編集]をクリック。

詳細の編集

①「重要情報」タブ→②「商品名」の欄で商品名を入力し、③[保存して終了]で登録できます。

商品名を入力して保存

Amazonの商品名ルールを把握して正しくアピールしよう

Amazonでの商品名は、検索結果や商品詳細ページの表示でメインとなる重要な要素の1つ。少しでも販促に役立つようなネーミングを設定したいですね。

Amazonで商品名を設定する際は、Amazonが定めるガイドラインや規約によるルールを遵守する必要があります。

ルールが守られていない商品名は、禁止ワードを削除されたり、検索結果として表示されなくなったりする可能性も。不十分なタイトルになれば商品名として十分な役割も果たせなくなり、商品も売れにくくなります。

商品を必要とするユーザーに認識してもらえるように、正確に内容を伝えられる商品名を検討しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

サイレコならFBA納品もマケプレもサポート

Amazon出店をいざ始めてみよう!となるとわからない事が沢山出てくるはずです。
そんな時はぜひAmazon運営代行業者である我々「サイバーレコード」にお任せ下さい。
すべて丸投げしていただいて大丈夫です!

Amazonでの出品のはじめ方から、運営の仕方、受注のお知らせなど詳しいプランについてお知りになりたい方は下記のページからぜひご連絡ください!

Amazon代行の実績例

万田発酵様・えがお様・エバーライフ様・愛しとーと様・TBCグループ様・やまやコミュニケーションズ様・リバテープ製薬様・ダイショー様・熊本菓房様・熊本製粉様

\ 資料ダウンロードできます /

目次